男性ドクター

尿漏れトラブルを改善|対応した病院を探す

産後の尿漏れを改善する

病棟

産後の尿トラブルで多いのが、腹圧性尿失禁です。これは自然に治ることもありますが、なかにはそのまま症状が残ってしまうこともありえます。改善には、骨盤底筋を鍛える運動をすることが効果的です。運動は肛門と膣を引き締める動作をするだけなので、簡単に実行できます。

More Detail

骨盤底筋トレーニング

病室

年齢性別問わず、尿漏れは発症する。女性の場合は泌尿器科に抵抗があるかもしれないが、近年では非常に通いやすくなっている。尿漏れは泌尿器科、あるいは産婦人科で治療を受けられる。状況やタイプに合わせた治療法が選ばれる。さまざまな治療法があり、完治後も予防は必要。診察を受ける前に電話越しで質問しておく。

More Detail

性病を治療する方法

手

性病の疑いがある時には泌尿器科を利用して診てもらう事が大切で、人に性病を移す前に病院で診てもらう事が重要です。埼玉には腕の良い医師とプライバシーを確保できる病院が多いため、そういった泌尿器科を利用して治療を行いましょう。

More Detail

尿失禁を改善しよう

先生

尿失禁のタイプ

尿漏れにはさまざまな症状があり、大きく4つに分類されます。1つ目が腹圧性尿失禁と呼ばれ、急に立ち上がった時や重い荷物を持ち上げた時などに尿が漏れてしまいます。2つ目が切迫性尿失禁と呼ばれ、尿意を感じてからトイレまで我慢することができず、尿が漏れてしまいます。3つ目が溢流性尿失禁と呼ばれ、自分で尿を出したくても少しずつしかでません。前立腺肥大症などの排尿障害によって引き起こされやすいことから男性に多いとされています。4つ目は機能性尿失禁と呼ばれ、運動能力の低下や認知症が原因で尿が漏れてしまいます。高齢者に多いとされる尿漏れとなります。それぞれ尿漏れのタイプによって適切な治療法というのは異なります。泌尿器科で診察の上、正しい治療を受けて下さい。

診察内容と人気の秘密

尿漏れの診察には問診や排尿日誌による報告が非常に重要となります。排尿日誌についてはどれくらいの頻度で尿が漏れてしまうのか、どのくらいの量が漏れてしまうのかを細かく記録に残していきます。また、どのようなタイミングで漏れてしまうのかなど細かくあればあるほど医師が患者の尿漏れに対する状態を判断しやすくなるので、診察を受ける前から出来る限りのことはしておくことをおすすめします。女性限定の泌尿器科も存在しているので、診察が恥ずかしいなどして行きづらいと感じる方にはそちらの泌尿器科をおすすめします。全国的にみてもまだまだ少ないとされている女性専用の泌尿器科ですが、少しずつ利用しやすい環境になってきているように感じます。