女性医師

尿漏れトラブルを改善|対応した病院を探す

骨盤底筋トレーニング

病室

治療へのアプローチ

尿漏れは年代問わず、さまざまな原因から発症すると言われている病気です。排尿障害となる尿漏れの治療は泌尿器科で受けられますが、若年層であっても尿漏れがきっかけで泌尿器科を受診することも珍しくありません。特に、女性の場合、泌尿器科を受診することに抵抗を持っている人はまだまだ多いです。それは、尿漏れがデリケートな話であること、また泌尿器科自体が男性のイメージを強く持っているからです。近年では、女性だけが受診することのできる泌尿器科も随分と増えてきており、昔ほど通いにくさを感じることは無くなりました。なかなか治療への一歩を踏み出せないでいる人も多い病気ではありますが、尿漏れは治療を受けることで治る病気です。泌尿器科で診療を受けることを強くおすすめします。

完治までの流れ

尿漏れの治療は泌尿器科で受けられます。妊娠中、もしくは出産直後というのはかかりつけの産婦人科にまずは相談することをおすすめします。初診時には尿漏れの状況、または種類によって治療法を変えます。治療方法は主に骨盤底筋のトレーニング、TOT手術やTVT手術、薬物療法などがあります。骨盤底筋トレーニングについては軽度の尿漏れ、または対策や予防効果を目的としています。治療後に再発しないように生活の中で骨盤底筋を鍛える努力は必要です。女性の泌尿器科への受診は抵抗のある方もまだまだ多いですが、十分に配慮されており通いにくさを感じることは少ないはずです。女性の方で心配だという方は、一度病院のほうに電話して質問してみましょう。